今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

<日弁連シンポ>スノーデン氏がネット講演「政府に疑義を」

海外ニュース

<日弁連シンポ>スノーデン氏がネット講演「政府に疑義を」
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

<日弁連シンポ>スノーデン氏がネット講演

「政府に疑義を」

 日本弁護士連合会の「第60回人権擁護大会」が、大津市におの浜のびわ湖大津プリンスホテルで始まった。この日は一般の希望者も参加し、三つのテーマで分科会が開かれた。「監視社会」がテーマの第2分科会では米国の元国家安全保障局(NSA)職員、エドワード・スノーデン氏にインターネットを通じてインタビューを実施し、スノーデン氏は来場者に「政府に疑義を持って、真実を見つけ出さなければならない」と訴えた。

 スノーデン氏は2013年、米政府がテロと無関係な個人情報を収集していたことを暴露した後、ロシアに亡命中。この日のインタビューでは、事前に来場者に募った質問に基づいて、日弁連所属の弁護士がスクリーンに映し出されたスノーデン氏に質問をぶつけた。

 アメリカ政府による監視活動について尋ねられたスノーデン氏は「テロ対策の名目で電話やメールを大量監視し、関係のない情報を集めているが、それによってテロが予防できたことはない」として、「政府は法律に違反している」と非難。国民の監視は「最後のとりでとして使うべきで、安易に使うなら民主主義の危機だ」と述べた。

 また、スノーデン氏によると、NSAは日本政府に「エックスキースコア」と呼ばれるメールや通話などの大規模監視システムを供与し、日本は使用していると説明。「日本政府は使うのであれば必要な理由を国民に説明しなければならないのにしていない」と指摘し、特定秘密保護法や改正組織犯罪処罰法(「共謀罪」法)、憲法改正の議論にも触れ、「戦争をさせないための法的な規制を壊そうとしている」と述べた。

【エドワード・スノーデン】の関連動画
↓   ↓   ↓   ↓

;

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう