稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

マクドナルドの光と影 映画「ファウンダー」盛況の3つの理由

映画

マクドナルドの光と影 映画「ファウンダー」盛況の3つの理由
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

マクドナルドの光と影

映画「ファウンダー」盛況の3つの理由


 お盆連休最終日となった20日の昼下がり。東京・有楽町にある「角川シネマ有楽町」のエレベーターホールには人だかりができていた。観客らのお目当ては、米映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(ジョン・リー・ハンコック監督)。創業者という意味のタイトル通り、世界最大の外食チェーン「マクドナルド」の誕生秘話を描いた実話モノだ。

 同作の公開は7月29日。すでに1カ月近く経っているにもかかわらず、単館系の興行収入ランキングで3週連続トップ(8月13日付)を記録し、客足はいまも衰え知らず。

「上半期上位の興収をマークした仏カンヌのパルムドール作『わたしは、ダニエル・ブレイク』超えは確実」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)というフィーバーぶりだ。

 物語は1954年、うだつの上がらないシェークミキサーの営業マンだった52歳のレイ・クロックが、マック&ディック・マクドナルド兄弟と出会った当時を描く。たった30秒でハンバーガーを提供するという兄弟が発案したシステムと経営哲学に惚れ込み、フランチャイズ化を画策するレイ。

 いわゆる感動と涙を誘うポジティブな中年の成功物語かと思いきや、さにあらず。利益最優先でフランチャイズ拡大に夢中になるレイは、マクドナルド兄弟を会社から追い出してしまう。しかも非情で姑息。口うるさい人間はカネを握らせて黙らせようとするだけでなく、自分に都合の悪い条件は正式な契約書で明文化せず、口約束でうやむやにする。義理も人情もないドロドロとした裏話も描いているのだ。

■“実業家”トランプ大統領の影響も

 なぜ本作がウケるのか。前出の大高氏は「マクドナルドという誰もが知る知名度の高い大企業を描いたのが、ひとつの大きな要因ではないか」とこう続ける。

「描かれた内容は広くは知られていない話で、企業知名度とのギャップも大きかった。しかもサクセスストーリーに終始した起業家の立志伝とは異なり、光と影の両面をしっかりと描き、その功績は『功罪相半ばする』と提示したことで、より多くの観客の関心を呼んだともいえる。世の中はいま、実業家としての手腕をアピールし、大統領にまで上り詰めたトランプ氏の一挙手一投足に注目が集まっている。頂点に上り詰めたモノへの関心が高い時代背景も大きいのでは」

 今年の夏興行は例年以上にアダルト向けの作品が弱かったが「ファウンダー」はオトナの嗜好に耐えうる良作のようだ。


【マクドナルド】の関連動画
↓   ↓   ↓   ↓

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう