世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

山中、このままでは引退できない 早過ぎたタオル投入

ニュース

山中、このままでは引退できない 早過ぎたタオル投入
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

山中、このままでは引退できない 早過ぎたタオル投入

身内も大ブーイング「最悪のストップだ」


 セコンドのタオル投入の判断に、身内からもまさかの大ブーイングが巻き起こっている。

 ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチ(15日=京都市・島津アリーナ)で王者の山中慎介(34)=帝拳=が、挑戦者の同級1位ルイス・ネリ(22)=メキシコ=に4回2分29秒でTKO負けを喫しプロ初黒星。1980年に具志堅用高(当時WBA世界ライトフライ級王者)が樹立した13連続防衛の日本記録にリーチをかけていたが、「12」でストップした。

 4回終了まで残り約30秒。ネリのパンチをかわせずメッタ打ち。長年付き添ってきた大和心トレーナーが、見かねてタオルを投げ込んだ。

 ところが、帝拳ジムの本田明彦会長は「取り返しのつかないことをやってくれた。最悪のストップだ」と激怒。「(トレーナーの)個人的な感情が入った。攻撃に耐えて、倒れても後半で、という狙いだった。調子が良かったから耐えていたのに、それをどうして止めた」とまくし立てた。

 リング上で号泣した山中自身も、「セコンドを心配させてしまった」と責任を背負いつつ、「(相手のパンチは)効いてはいなかった。まだやれるという思いはあった」と唇をかんだ。

 帝拳プロモーションの浜田剛史代表も「俺の指示不足かな。山中は効いてなかった」と語った。

 もっとも、戦術にも“油断”がうかがえた。元格闘家でジャーナリストの片岡亮氏は「序盤、早々にジャブで距離を作る動きは非常に良かった。しかし調子が良すぎたのか、2回終了時など不用意に打ち合いに応じる場面があり、相手が得意の近距離ノンストップで打ってくるパターンに近づいてしまった」とみる。

 「相手にラッシュされると、クリンチする作戦も忘れてしまっていた。無意識でも守る動きが取れたらよかったが、なにしろ圧勝し続けてきたチャンプ。守勢になるともろかったのは、長谷川穂積が負けたときにも通じる」と長期防衛の弊害も指摘した。

 34歳のベテランである山中は去就について「今は何も考えられない」と明言を避けたが、諦めきれない心境だろう。


【山中慎介】の関連動画
↓   ↓   ↓   ↓

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!