誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

白人主義擁護で批判拡大=政権運営に影響―米大統領

ニュース

白人主義擁護で批判拡大=政権運営に影響―米大統領
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

白人主義擁護で批判拡大

政権運営に影響―米大統領

【ワシントン時事】米バージニア州で起きた白人至上主義者グループと反対派の衝突をめぐり、トランプ大統領が白人至上主義者側を擁護するかのような発言をし、米国で批判が拡大している。

 大統領は、メンバーによる抗議の辞任が相次いだ諮問機関の解散に追い込まれ、政権運営にも影響が出始めた。

 メンバー辞任が続いていた諮問機関では16日、食品大手キャンベル・スープなど2社の最高経営責任者(CEO)が新たに辞任を発表。残るメンバーも辞任を決めたという情報が流れ、大統領はツイッターで「諮問会議を終わりにする。みんな、ありがとう!」と宣言せざるを得なかった。

 12日の衝突では白人至上主義者側の男が反対派の人混みに車で突っ込み、女性1人が死亡した。白人至上主義者側の非をあいまいにした当初の声明に批判が噴出したため、大統領は14日、非を明確にする声明を出し直したが、15日には「双方に非がある」と発言を逆戻りさせた。

 15日の発言は批判が一向にやまないことにいら立った大統領が本音をぶちまけたとの見方が強い。支持率が過去最低レベルに低迷する中、少数派ながら自身に熱狂する保守強硬派の支持を盤石にする思惑もあったとみられる。

 大統領に対しては、身内の共和党からも突き放す発言が相次いでいる。ライアン下院議長は直ちに「白人至上主義はひどく不快だ。あいまいさは許されない」と表明。ルビオ上院議員も「(白人至上主義者に)100%非がある。責任を分散してはならない」と大統領を批判した。

 16日には元大統領のブッシュ親子が連名で「米国はあらゆる形態の人種的偏見を拒否しなければならない」との声明を発表し、マコネル上院院内総務は「人種的憎悪は容認できない」と強調した。

 一方、大統領の発言は白人至上主義を活気づけている。白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)の元幹部デービッド・デューク氏はツイッターに「真実を語った大統領の誠実さと勇気に感謝する」と書き込んだ。

 米メディアによると、15日の発言に対する動揺はホワイトハウス内にも広がり、側近のコーン国家経済会議委員長は周辺に憤りをあらわにしたという。ホワイトハウス関係者は米メディア「アクシオス」に対し、「危ないのは、1人の高官の辞任をきっかけに辞任が相次ぐことだ」と指摘している。 


【人種差別】の関連動画
↓   ↓   ↓   ↓

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう